定期的なリフォームで家が長持ち!各場所の最適な時期や費用

家を長持ちさせるための定期リフォームに役立つお家情報サイト

>

具体的なリフォームの目安となる年数とリフォーム箇所

具体的に家をリフォームする目安となる年数

家のメンテナンスをかねたリフォームの必要性自体はご存じの方でも、具体的にリフォーム年数の目安はご存じないかもしれませんので、触れていきますが、基本的にリフォームを施す年数の目安は10年おきがメジャーで、10年、20年、30年といった具合に年数を重ねるごとに家のメンテナンスをかねたリフォームを施すのが望ましいようです。

もっとも、10年という周期は、家主の金銭的負担を考慮した年数であり、欲を言えば5年周期でのメンテナンスがベストとされるようですが、金銭的な負担のみならず、生活に支障をきたすリフォームが頻繁に行われると居住性に難が生じかねませんので、10年周期でのリフォームがベターでしょうし、10年周期でのメンテナンスを施すごとに、10年は家を維持できる年数が延びるとする説が提唱されていますので、10年周期でも十分なリフォーム効果が期待できます。

主なリフォームの必要箇所

家を長持ちさせることを主軸にリフォームについて考えるなら、傷みやすく損耗が激しい箇所のリフォームが必要性の高いリフォーム箇所となるため、雨風に晒される関係上、傷みやすいとされる外壁と屋根、建物へ水が回ることで家へのダメージが懸念される、台所・お風呂場・トイレといった水回り、ホコリや汚れの蓄積が懸念される換気扇等の空調機器といった箇所が、リフォームの必要性の高い箇所となります。

つまり、家を長持ちさせることを優先してリフォームを行うことを前提にする場合、既に挙げたように、家の外装においては外壁と屋根、家の内装の中では、水回りと空調機器の周辺が、損耗の激しさを考慮するとリフォームの必要性の高い箇所となるでしょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる