定期的なリフォームで家が長持ち!各場所の最適な時期や費用

家を長持ちさせるための定期リフォームに役立つお家情報サイト

>

家のリフォーム費用と捻出方法

10年ごとに訪れるリフォーム機会と費用

大規模な自然災害や突発的な事故に見舞われたケースを除き、家のリフォーム周期として最も無難な10年という年数は、家において損耗の激しい外装と水回りや空調機器などの一部内装が痛むには十分な年数でありつつも、損耗をリフォーム等の形で補修するだけの余地は残されているため、リフォームを行うに当たって絶妙のタイミングであることから、お勧めのリフォームサイクル年数ではありますが、全ての場合において当てはまるわけではありませんし、リフォームの必要に迫られた場合、年数を気にすることなく臨機応変にリフォームを検討してください。

ただ、損耗の激しい箇所はリフォーム箇所の中では、比較的高額な箇所が多く、外装に当たる屋根や外壁には100万円以上、内装のうち傷みやすい場所全てにリフォームを施すと仮定するなら、120万円は必要となるのではないでしょうか。

リフォーム費用を捻出するために

リフォームの中でも、家を長持ちさせるために施すリフォームだと、外装・内装共に最低でも100万円は費用として見込まれるため、少なくとも200万円以上はリフォーム費用として用意したいところですが、よほど裕福な家庭を除き、200万円という金額は、一朝一夕で用意できるような金額とは言えず、10年先を見越してリフォームに備えなければなりません。

リフォーム費用の捻出方法として、比較的現実的な方法は、リフォームサイクルを10年おきと仮定した場合、年間20万円をリフォーム費用として積み立てることで、専用口座を用意し、月々1万7000円ほどの貯金を継続することができれば、一度に200万円以上の費用を用意するのに比べると、格段に負担が小さくできます。

なお、社会的な信用があり返済可能なだけの収入の維持が見込めるなら、金融機関への借金も選択肢の一つです。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる